HPCはハイパフォーマンス・コンピューティングの略です。膨大なデータの処理を高速で実行することを言います。昨今の5Gの普及によりコンピューティングの能力の増強も推進されています。その過程では膨大なデータが処理されますので、従来の処理速度では追いつかなくなってきています。

HPCは複数のコンピューターサーバーやプロセッサーを駆使し複数のタスクを同時に実行することができます。これを超並列コンピューティングと呼びます。また、HPCクラスターでは、ネットワーク化された複数の高速コンピューターサーバーで超並列コンピューティングを一元化したスケジューラーで管理します。そしてHPCクラスターの中にあるその他すべてのリソースは、クラスターのコンピューティング能力とパフォーマンスを最適化することができます。

これらの機能により、膨大なデータを一瞬で処理することができるのです。HPCのアプリケーションは、AIアプリケーションやディープラーニング、機械学習などを実行することを前提に作成されています。そのため、医療やゲノミクス、ライフサイエンスの分野や金融サービス、政府、エネルギー分野などさまざまな分野での導入が進んでいます。この技術を使えば、地震データを処理することができたり、より精度の高い気象予報が実現します。

大雨による河川の増水・反乱に備えて事前にシミュレーションを行うこともできるため、何かある前に具体的な防災をすることができるようにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です